YOSHIKAWA CRIME PREVENTION ASSOCIATION

地域防犯推進委員は、地域の平穏と安全を目的に、生活に危険を及ぼす事件、自己等の未然防止活動に積極的に取り組むボランティアリーダーとして、地域から選ばれた方々です.
地区防犯協会や自治体・警察等の関係機関・団体等と連携して、次のような活動を通じて、地域安全活動を実践し、広めましょう。
  1. 地域住民に対する情報の伝達

    自治体や警察等と綿密は連携をとり、「地域安全ニュース」等により、地域住民が必要とする犯罪や事故等の発生状況や被害防止対策に関する情報を把握し、これを地域住民に回覧・配布したり、研修会や座談会に参加して、知り得た地域安全情報を地域住民に知らせる。

  2. 自治体、警察等への通報

    非ロゴから地域の環境の変化や地域住民の防犯に関する声に注意を配り、街路灯の球切れや少年のたまり場となり得る空き家、公園等の状況、子供の遊び場の状況などの地域の実情を把握し、危険箇所や犯罪に結びつく情報を自治体、警察等の関係機関に通報する。

  3. 地域ぐるみの取り組みの推進

    自治体、警察等が行う防犯キャンペーン等に積極的に参加したり、地域の実情に合わせて防犯教室、防犯パトロール、防犯診断、環境美化活動等の実施を呼びかけ開催するなど、地域ぐるみの取り組みを推進し、地域安全活動を広める。